Books Orchard

ちびっこ本の果樹園、books orchardでは
Twinkle Booksがこれまでご紹介した絵本・児童書の中から
おすすめ本を気まぐれにチョイス、
そのレビューをテーマ別に紹介します。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CHIBIKKO NEWS
I LIKE
MY OTHER SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
White Rabbit Mini Journal
White Rabbit Mini Journal (JUGEMレビュー »)
Linda Sunshine
ミニメモちょう。ほかにチェシャ猫、アリスのもあります。
RECOMMEND
All Things Alice
All Things Alice (JUGEMレビュー »)
Linda Sunshine
アリスのグリーティングカードのセット。
RECOMMEND
What I Dreamt Mini Journal (Potter Style)
What I Dreamt Mini Journal (Potter Style) (JUGEMレビュー »)
Linda Sunshine
アリスの模様の夢日記。昨日みたヘンな夢、ここに記しておこう。
RECOMMEND
Kalita コーヒーミル KH-3
Kalita コーヒーミル KH-3 (JUGEMレビュー »)

1日のうち、ゆるりとミルを挽く時間くらい作りたいものです。手間って楽しいなと思うちいさな機械。これは見た目もかわいいし、お値段もお手頃です。愛用してます。
RECOMMEND
あいにいくよ、ボノム
あいにいくよ、ボノム (JUGEMレビュー »)
ロラン・ド・ブリュノフ, ふしみ みさを
ボノムが復活してます。ババールのブリュノフの置き土産を息子が語り継ぎました。ここの親子はほんとにいい関係。
RECOMMEND
Alice in Wonderland
Alice in Wonderland (JUGEMレビュー »)
Lewis Carroll, Lisbeth Zwerger
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
芸術新潮 ロシア絵本のすばらしき世界

コメント欄でパン・ポラリスさんにも教えていただいた芸術新潮ロシア絵本特集、ようやく購入。まだパラパラっとしか見てないですが、かなりいいです。これは幻の絵本展の図録と合わせて保存版にせねば。「小さな紙の前衛」の片鱗をたっぷり楽しめる巻頭グラフから、作品別の丁寧なレビュー(タイトルのつけ方もぐぐっとくる)、レベージェフ、コナシェーヴィチ、タンビ、チャルーシン、シュテレンベルク(パリ帰りの不思議くんという紹介にワロタ)、ツェハノフスキー、エルモラーエワ、そして真打ちマヤコフスキーらの各作家紹介も詳しいです。
続きを読む >>
| marico | ロロロロシアン | comments(0) | trackbacks(2) |
フョードルおじさんのいぬとねこ
本の画像
エドアルド・ウスペンスキー作/スズキコージ画/
松谷さやか訳

チェブラーシカ原作でおなじみのウスペンスキーのお話にコージズキンの絵。チェブラーシカ同様、一見ちょっとおとぼけ、よく考えると、そんなことってあるの!って感じの奇想天外なストーリーがたんたんと語られていて、もうクスクス笑いを禁じ得ない一冊。
続きを読む >>
| marico | ロロロロシアン | comments(0) | trackbacks(0) |
ワーシャとまほうのもくば
本の画像
C.プロコフィエバ作/宮川やすえ訳

モスクワの作家、プロコフィエバの作品は、どれも楽しい空想的なお話が多いのですが、これまで、あまり邦訳はされていないようです。もう1作、「古いやねうらべやで」とこの本のみではないかと思うのですがどちらも絶版。
続きを読む >>
| marico | ロロロロシアン | comments(0) | trackbacks(0) |
マトリョーシカ!(後ろ姿はドラちゃん風)

ここ数日のロシア気分は続く…。ロシアの市場ルイノク
マトリョーシカコーナーで、セルギエフ・ポサド、セミョーノフの工場のマトリョーシカ製作過程の様子、土地ごとの顔の違いなどが紹介されています。ずらり並んだマトが壮観。あと、動画コーナーの「マトリョーシカの里」ムービーが好き。ポリシュカ・ポーレが泣ける…。「ロシアの木のおもちゃ」はまるごと先日紹介したマーヴリナの世界ですね。「サハリン昆布をたずねて」もいいダシ出てます。昨日書いたロシア絵本展でも商品を販売するらしいです。
| marico | ロロロロシアン | comments(0) | trackbacks(0) |
幻のロシア絵本1920-30年代展、ペール・カストール、ぐるっとまわってこどものとも
7月3日から、やっと東京巡回の幻のロシア絵本展@東京都庭園美術館。楽しみっすね。
1920年初頭からスターリンまで約10年間のロシアンアヴァンギャルド、こどもの本の世界にもその波は例外なく押し寄せてたわけで、マルシャーク/レベデフコンビの「アイスクリーム」とかモロ構成主義。ネットでもこんなところがありますんで、行けない方々はこちらでどうぞ。
children books of the early Soviet era
続きを読む >>
| marico | ロロロロシアン | comments(0) | trackbacks(2) |
回転木馬


エヌ・カルパコーヴァ作/タチアーナマーヴリナ絵/田中泰子訳

ほるぷの国際アンデルセン賞受賞作家シリーズの中の1冊、タチアーナマーヴリナの絵本です。ロシアの土人形たちの回転木馬。
続きを読む >>
| marico | ロロロロシアン | comments(2) | trackbacks(0) |