Books Orchard

ちびっこ本の果樹園、books orchardでは
Twinkle Booksがこれまでご紹介した絵本・児童書の中から
おすすめ本を気まぐれにチョイス、
そのレビューをテーマ別に紹介します。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CHIBIKKO NEWS
I LIKE
MY OTHER SITE
RECOMMEND
RECOMMEND
White Rabbit Mini Journal
White Rabbit Mini Journal (JUGEMレビュー »)
Linda Sunshine
ミニメモちょう。ほかにチェシャ猫、アリスのもあります。
RECOMMEND
All Things Alice
All Things Alice (JUGEMレビュー »)
Linda Sunshine
アリスのグリーティングカードのセット。
RECOMMEND
What I Dreamt Mini Journal (Potter Style)
What I Dreamt Mini Journal (Potter Style) (JUGEMレビュー »)
Linda Sunshine
アリスの模様の夢日記。昨日みたヘンな夢、ここに記しておこう。
RECOMMEND
Kalita コーヒーミル KH-3
Kalita コーヒーミル KH-3 (JUGEMレビュー »)

1日のうち、ゆるりとミルを挽く時間くらい作りたいものです。手間って楽しいなと思うちいさな機械。これは見た目もかわいいし、お値段もお手頃です。愛用してます。
RECOMMEND
あいにいくよ、ボノム
あいにいくよ、ボノム (JUGEMレビュー »)
ロラン・ド・ブリュノフ, ふしみ みさを
ボノムが復活してます。ババールのブリュノフの置き土産を息子が語り継ぎました。ここの親子はほんとにいい関係。
RECOMMEND
Alice in Wonderland
Alice in Wonderland (JUGEMレビュー »)
Lewis Carroll, Lisbeth Zwerger
PROFILE
SEARCH
<< まぼろしの小さい犬 | main | おじいちゃんにあいに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
だれも死なない
だれも死なない
だれも死なない
トーン・テレヘン作/長山さき訳/金子國義絵
メディアファクトリー

トーンテレヘンはオランダのお医者さん兼児童文学作家。あらゆる文学賞を総ナメにしている人でもあります。
トーンがどうぶつのお話を書くにあたって、自分で決めたいくつかの「とりきめ」があったようで、そのうちの1つが「誰も死なない」。これを谷川俊太郎氏が邦題にしました。(ちなみに原題「Bijna Iedereen kon omvallen」は『だれでもちょっとつまづくとこ』とでも訳せそうな)ひっくり返れないことにコンプレクスをもつサギや、とまどいながらタコとお茶をするリス、理屈っぽくてナイーブなアリ、暑い夏にコートとさよならするコオロギ、固すぎる誕生日ケーキを焼いてしょげるサイ…どうぶつたちときたら、みんな首をひねっています。ほのぼのかわいくてナンセンス、ときにグサリときて、うっすらコワイお話は、なんとなく夏にぴったり。金子氏の挿し絵もお話の雰囲気に合いすぎでかわいすぎ。
| marico | おしゃれオランダへんてこオランダ | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://borchard.jugem.cc/trackback/29
まだ読み始めたばかりですが
トーン・テレヘンの『だれも死なない』。 絵本のコーナーで見つけました。ちなみにこれは絵本ではありません。 オランダの児童文学だそうですけど、さすがオランダ、キテます。 深いのか、浅いのか、いいのか、悪いのか…なんだかわからないけど、ザワッときま
| DAILY-AZUSA | 2006/03/30 12:23 AM |